iPhoneXのガラス系保護シートについて

###Site Name###

iPhoneXは大きな液晶を持っているのでそのまま使っていると傷や汚れがめだってしまうので保護シートを利用しようと考える方が多いです。

iPhoneXの保護シートについてはガラス系とPET系がありますが、注目されてきているのがガラス系です。ガラス系の保護シートの特徴は高機能ということです。

PET系に比べて厚みがあり、価格も高いというデメリットもありますが、機能の豊富さで選ぶ方が急激に増えています。

iPhoneXは世代ごとに画面が大きくなってきていますが、穂木シートの価格は画面の大きさにそれほど影響されずにきているようです。



ガラス系の保護シートの機能の豊富さについては丈夫さと付加価値があります。

丈夫さについてはPET系に比べてはっきり分かるほど丈夫であり、多少爪でひっかく程度ではびくともしません。また、ケースにいれて使う場合でも擦れても傷が付くことはほとんどない商品が多いです。

ガラス系の保護シートは丈夫さが魅力ですが、このほかに覗き見防止機能が注目されています。

電車など多数の人がいる場面でもSNSなどへの投稿をしたいという方はとても多いのですが、気になるのが隣の方に見られていることです。

見るつもりはなくても、iPhoneXなど大きな画面できれいな液晶では見えてしまいます。


そこでガラス系の保護シートでは横から見ても見えづらい機能を持ったシートが多数販売されています。

機能的にも丈夫さでも魅力のガラス系保護シートは注目です。iPhoneXの液晶は大型化しており、iPhoneX6Plusでは5.5インチとなり、かなりの大型ディスプレイとなっています。

Android機ではさらに大きな液晶を持つスマートフォンもありますが、iPhoneXではここまで大きなタイプは初めてです。


iPhoneXは液晶がきれいなことでも高評価を受けているのですが、スマートフォンなのでAndroid同様にさまざまな問題が液晶に起こります。

そのため、各種問題を解決する、または予防するために液晶保護シートを利用することをオススメします。

液晶保護シートは主に光沢、非光沢という見栄えの違いで選ぶことができるのですが、これは屋内で利用することが多く、ぎらぎらした映像が好みではないなら非光沢、屋外でも利用するなら光沢が一般的に選ばれます。
ただし、屋外でも非光沢が良いという方もいるので光沢、非光沢は好みで選べばよいです。

その他のシート選びの基準は各機能ごとに選ぶことができます。

液晶保護シートで最近増えているのがブルーライトカット機能です。



iPhoneXだけではなく、テレビでもパソコンでも液晶からはブルーライトと呼ばれる光線が出ており、それが目の疲れなどを引き起こすと言われています。
そこで保護シートでカットする方が増えており、長時間みることが多い方には特におすすめの機能です。また、耐衝撃性のある保護シートも落下時に液晶を保護してくれ、衝撃を吸収してくれるのでおすすめの保護シートですiPhoneXの液晶は大きく、また、高級感があるボディなので本体と液晶の保護のためにケースを使いたくないという方も多いようです。

ケースを使わない場合には液晶を守るために保護シートを利用する方が多いです。
ただし、元々iPhoneXの液晶ガラスは強化されていますし、指紋も付きにくいので保護シートは使わないという方も多いです。

保護シートは指紋などの汚れ防止だけではなく、ブルーライトカットやミラー化で横からの覗き見を無くす効果もありますので利用をオススメします。

保護シートは1枚ものであり、一度に液晶に貼る必要があります。

ただし、フィルムタイプの場合はうまく貼れず、気泡が入ることが多いようです。

iPhoneXの液晶はとても鮮明なので気泡があると目立ちますし、他人に見られた時も恥ずかしい物があります。
そこで気泡なしでフィルムを貼るコツをまとめます。まずもっとも重要な事は汚れを適切に落とすことです。


特にガラス面に小さなホコリがついてしまうことがあります。

保護シートには付属のクロスが付いていることが多いのでしっかりと汚れとホコリを取っておくことが大事です。

iphoneXにはやはりガラスシートを使うべきです。

次に重要な事はホコリをたてないことです。

エアコンをつけているなら消して部屋を落ち着かせると良いです。
また、ペットがいる場合はちょとだけ部屋から出す等、貼るときにホコリが舞ってしまうことを防ぎます。

風呂場でやればよいという方もいるのですが、そこまでする必要はないようですiPhoneXは強化ガラスが利用されているので保護シートなしでも十分な強度を保つことができますが、それでも汚れが気になるという方がも少なくありません。
液晶の汚れからの保護にはフィルムタイプやガラス系のシートが保護シートが販売されています。

価格も数百円からあり、多くの方が利用しています。

しかし、若干の厚みが増えてしまったり、指の滑りが悪くなったりと保護シートを嫌う方も少なからずいます。

その場合にはフッ素コートをオススメします。


フッ素はフライパンなど料理の現場でよく利用されている材料であり、数滴で十分保護することができるなど施工も大変簡単です。

iPhoneXの液晶にフッ素コートをする場合、施工は数滴フッ素を垂らして伸ばすだけです。


すぐに乾燥してくれますが若干長めに定着させるのがよいようです。


フッ素コートされたiPhoneXは汚れを弾くことから指の滑りも格段によくなります。
また、フッ素は長く定着しますので買い換えるまで使える場合が多いようです。

フッ素コートのほかに化学物質を使って液晶を含めて本体全体をカバーする施工も増えてきています。

本体ごと施工することで防水機能も追加することができるようになってきています。昨今はiPhoneXの能力が高く、買い替えが長くなってきたこともあり、長く、きれいな状態を保とうと考える方がふえています。
また、施工したから使い勝手が悪くなったという商品も少なく、使い勝手を捨てずに保護できる商品が多くなりました。