iPhoneXの液晶保護シートの種類

###Site Name###

iPhoneXはさまざまなパーツが販売されていますが、中でも保護フィルムは多数の会社から販売されているので何を選んでいいのか迷うという方も少なくないようです。iPhoneXの液晶は世代ごとに大型化、高精細化してきているので保護フィルムについても機種にあった物を選びたいものです。

保護シートには大きく分けて3つの種類があります。1つは液晶画面を保護するために薄いフィルムを使ったもの、2つ目はガラス系の素材で固めのシートで保護するもの、3つ目はフィルム型でありながら多数の機能を追加したものです。



いづれの保護シートもiPhoneXの世代に合わせてたくさん販売されています。
保護フィルムを選ぶ際は次の項目で選ぶと良いです。1つ目は光沢か非光沢化です。

見た目がまったくことなりますし、屋内外でどちらが利用頻度が高いかなどで選ぶと良いです。
2つ目は寿命とコストです。

フィルム型はどうしても耐久力が低く、寿命が短いです。

その代わりかなり安く設定されていることが多く、商品によってはガラス系の3分の1以下という値段もよくあります。



ただし、寿命をきにするならコストが高くてもガラス系が寿命が長いです。3つ目は追加機能を選ぶかです。
特にフィルム系によくあるのですが、指紋がつきにくかったり、滑りがよかったり、見る角度によってミラー化するなどフィルムタイプはさまざまな機能を追加しやすく、各メーカーでさまざまなアイデアを実現していますiPhoneXの液晶は6Plusで5.5インチになりました。
そのため、液晶保護シートを貼るスペースも増加傾向であり、綺麗に貼ることがますます難しくなっています。
そもそもiPhoneXに液晶保護シートはいらないと言う意見もあるのですが、普段持ち歩くことが多い場合や落下させたり、乱暴に扱うことが多い方には是非とも保護シートを利用してもらいたいものです。

保護シートは指紋や汚れからiPhoneXを守ってくれるだけと思われがちですが、落下時に液晶を保護する耐衝撃性やブルーライトカット機能など標準の液晶には無い機能を持つ商品も多数あります。



そのような便利な保護シートですが、購入してまず困るのが貼る作業です。

フィルム型の場合はペラペラですから、うまく貼れないと気泡が沢山でき見栄えもよくなく、また、液晶の見栄えも悪くなります。


入り直しができるタイプが増えていますが、なかなか貼れないという方も多いようです。

マットタイプやガラス系の場合は固いフィルムであり、ズレにくく、気泡も入りづらく張りやすいと言われていますが、それでも気泡を作ったり、ずれてしまったという方も少なくないようです。

そこで貼り方のオススメとしてはシートを貼る前にマジックなどで剥がす面に印をつけておくことです。シートは通常両面に更に仮シートが貼られており、それを剥がして液晶に貼ることになります。
液晶に貼らない面は最後にはがしますのでそれにマジックで四隅の印をつけて作業すると失敗が少なくと言われています。