iPhoneXの画面を保護しながら修復する

###Site Name###

iPhoneXの画面保護シートは多数の会社から製品が販売されています。

多くは光沢、非光沢などの見栄えに注目した商品が多いのですが、最近増えてきているのが自己修復タイプのフィルムです。
自己修復タイプの保護シートは主にフィルム型になっており、フィルムについた小さなキズなら見えなくしてくれる機能があります。

iPhoneXの画面は大型化していることから傷がつく機会が増えています。

そのため保護シートを購入する方が多いのですが、シートは意外と傷がつきやすいのがネックです。


iPhoneXの画面よりも強度の面で劣る場合も少なくありません。

傷が目立てば新しい保護シートを購入する方が多いのですが、何度も貼り直すのはもったいないです。

そこで自己修復タイプの保護シートが使えます。

耐久力は一般的な保護シートよりも高く、傷を直すため若干厚くなっている場合もありますが、タッチ感などは違和感なく利用できる場合が多いようです。
また、自己修復はすぐに行なわれるので鍵などといっしょんに入ってる場合についか傷もその場ですぐに回復するのでポケットなどからiPhoneXを取り出した際には気づくことがないとも言われています。



液晶画面のガラス交換は数万円かかることもありますので保護シートを購入する際には自己修復タイプがおすすめです。

また、自己修復機能のほかにブルーライトカット、タッチしやすい画面など追加機能も満載なフィルムも用意されており好評ですiPhoneXは世代を重ねるごとに大型画面化していきますが、日本で販売された最初のiPhoneX3Gから液晶保護シートやフィルムは多数の会社から販売されてきています。

一般的に保護シートは画面を守るために利用されますが、現在では保護の意味以外にも多数の機能が追加されたタイプも開発されています。iPhoneXの場合、もともとの液晶画面が強化されていることもあり、指紋や強度は十分保たれているという意見もあります。

また、アップルとしても保護シートが重要であるとは考えていないようです。

理由としては液晶画面が強化されているからです。ガラスが付属していますが、落下させない限り割れるようなこともなく、鍵などと一緒に入っていても液晶に傷が付くこともほとんどないと言われています。



そんとあめ、タッチの際、爪があたって傷がつくということもなく、フィルムをはらなくても十分使えると言われています。
しかし、スマートフォンはさまざまな環境下で利用されるものなのでいつ液晶に傷がついてもおかしくないのです。

ただ単に傷防止や手の脂の付着防止だけでは貼らなくても良いと考えがちですが、付加機能を考えると貼っておく方が良い場合も多数あるようです。

その1つがブルーライトカットです。



液晶にはバックライトが使われていますが、バックライトの多くはLED型になっており、ブルーライトが目にダメージを与えると言われています。
そのため、フィルムでブルーライトをカットする方が増えています。